2005年12月31日

ジョゼと虎と魚たち

私は映画を見るのが好きだ。
割と邦画が好き。
別にジョゼが好きな映画という訳ではないけれど、今夜(今朝?)テレビでやっていたので見た。
映画館で見たにも関わらず、あまり詳しく覚えていなかった。
ただ、ジョゼは印象的だったので(しゃべり方とか)そういえばそんなシーンもあったなぁと思いながら見ていた。
何故印象的かと言うと、自分の中では池脇千鶴は可愛い存在だったから。
それがなければそこまで印象深くはなかったかもしれない。

全体的な映像で言えば、引き気味な印象。
所々、背景を美しく撮ってはいたが、私的に気になったのは・・・
ジョゼの乳母車(?)にスケボーつけて河原を滑り損ね、こけた(落下した)シーン。
ジョゼが空に浮かぶ雲を見て「持って帰りたい」というような台詞があったと思うのだが、その雲がいまいち。雲の存在感が薄い・・・のかな?
あとは別れた後、歩道で(役名を忘れてすまない)妻夫木聡が泣くシーン。
良くもないが、悪くもない感じ。車が目の前を通り過ぎるのはいいけれど、車がでかい。
画面端の上か下のどっちかだけでいいから動かないものであってほしかった。
でも、普通にアップじゃないのがすごく良いと思う。
それ以外は良くも悪くも雰囲気に合ってて良かったんじゃないかしら。
邦画の最初から最後まで雰囲気を保っている作品は結構好きです。

でも、個人的に好きな映画という訳ではないので、10点満点中5.1で。(中途半端だな〜)
posted by 神峰あや at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。