2005年12月31日

OUT

またも邦画。4人の主婦が殺人犯罪を犯すというもの。
小説を途中まで読んだ事があって気にはなっていた。
図書館の返却期限に間に合わなくて・・・でも延長してまで読みたいとは思わなかった。
映画も見たかったけど映画館にまで見に行きたいとは思わず、テレビでやるのを待っていた。
「ジョゼ〜」の次にあったのでそのままチャンネル変えずに。

結構ドキドキしたなぁ。
すぐ足がついて捕まりそうだと思うが、まあそこは色々と目をつぶって。
ドキドキと言っても捕まるかも!!とかそういうのではなく、主人公の主婦の視点でのドキドキ。
うわ、来たよ室井滋・・・みたいな?いやー、あれははまり役だったなぁ。
いい味出してた。あのうざさが良かった。
映像に関しては特筆する事はないと思う。普通。
強いて挙げるなら遺体を切断するシーンがちょっと嘘臭かった感じがする。しつこい?
肉は映さずとも腕とか足のアップなんかがちらっとでも入っていたら緊迫感が出たと思う。
そんなシーンがあまりなかったように感じたので。煽りで顔アップとか?
まあ、サスペンスものってそんなもんよね。リピートしたいという気持ちは特にない。

小説と違いがあるか分からないけれど、続きが分かったのでもう満足。10点満点中3.8(微妙だなぁ)
posted by 神峰あや at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。